デザイン設計

デザイン設計

重厚感あふれる外壁タイルは街ゆく人々の視線を集め、その佇まいはいつまでも印象に残ります。その住まいに一歩足を踏み入れると、女性目線のアイディアを図医者に取り入れた間取りや適材適所の収納プランなど、暮らし心地を高めるアイディアがご家族の暮らしをより豊かなものにしてくれます。また、空間設計だけではなくコスト面からも暮らしやすさを考え、太陽光発電システムなどの最新設備による省エネや、メンテナンスコストを抑えた住まいづくりなど、ライフ・サイクル・コスト(LLC)にも配慮した住まいづくりをご提案しています。

外観の表情を彩り、個性が映える多彩なデザイン

住まいの佇まいは、そこに住まう人の人柄まで映し出すものです。家を建てるなら、やはりタイル貼りを希望される方も多くいらっしゃいます。クレバリーホームでは、建てる方のこだわりや個性をより色濃く表現できるよう豊かなタイルバリエーションをご用意しています。
(タイル外観写真)

暮らしにゆとりを生む家事動線

奥様専用のフリースペースを水まわり動線上に配置することで、家事の合間の時間を有効活用できます。壁にはお子さまの学校行事やご家族の予定表を張るスペースを設けたりして家事の時短や気持ちの良い効率動線をご提案しています。

自然なコミュニケーションを育むリビング階段

2階への動線は必ずリビングを通るようにすることで、ごく自然にお子さまとのコミュニケーションがとりやすくなります。また、リビングと階段が壁で仕切られていないので、つねにご家族の気配を身近に感じることができます。

住まいを美しく保つ親水機能

タイルには「親水機能」があり、汚れが付着しにくく、雨と一社に流れ落ちるので、外壁の美しさを長期間保つことができます。また表面には静電気が起こりにくいため、ホコリなども寄せ付けません。まさにタイルは手間いらずのセルフクリーニング特性をもった外壁材と言えます。

水や汚れをしみ込ませない吸水率

タイルは使用する素材や焼成温度などによって、磁器質・せっき質・陶器質の3つに分類されます。特に、磁器質タイルは1,300℃の高温で焼き固められているため、分子が緊密に結合し、吸水率は1%以下。雨などの水もほとんど浸透しません。その、耐水性は、窯業系サイディングと比較しても歴然。水をはじいてしみ込ませない。このタイルならではの特性により、長雨や豪雨からもしっかりと住まいを守ります。

寒い地域での凍害被害にも強い外壁タイル

寒い地域では、外壁材に雨などの水分が浸透してしまうと内部で水分が凍結・膨張するので、外壁材が破損してしまうことがあります。外壁タイルは吸水率が極めて低いため、水分が外壁材内部に浸透する心配がほとんどなく、安心してお住まいいただくことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP